テストテストテストテスト|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

テストテストテストテスト|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

咬み合わせ

定期検診?

  • その他
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ
「定期的に歯のお掃除しましょう。」これは、案外、意味のないことです。・鼻呼吸が確立していて、サラサラ唾液で歯の表面が濡れていれば、歯石や歯垢が付くものではありません。口呼吸で口の中が乾燥していると、定期的に「お掃除」しても、しばらくするとまた付いてきます。鼻呼吸に誘導することが、本質てきな治療でしょう。・それほど汚れや歯石がなくても、歯科医院では「お掃除は必要ありません。」とはなかなか言わない...
続きを読む

幼児の「おしゃぶり」について

  • その他
  • 咬み合わせ
おしゃぶりは、なるべく薄いタイプがいいかもしれません。2歳以降のおしゃぶりには、専門家のなかにも賛否両論ありますが、私の意見は、ストレス解消の1手段として本人が気に入っているなら4~5歳でも取り上げる必要はないと思います。欧米諸国では、4~5歳でも珍しくないようです。 反対意見の主なものは、「出っ歯」になるとの意見ですが、おしゃぶりをくわえる事で口元の筋肉に緊張が生まれ、きれいな歯並びになりや...
続きを読む

バランスの良い咬み合わせ

  • 咬み合わせ
ある歯が悪くなったら、悪くなったその歯だけしか見ないで治療を続けていけば、姿勢が曲がり、眠りの質が低下して、少しずつ悪い歯が増えて行きます。物事にには原因があります。凄く汚れている人は論外ですが、3要素、中でも「咬み合わせ」のバランスは重要です。ろくに負担のかからない歯は悪くなりにくいし、力の負担が大きい歯から悪くなるのは当然でしょう。ほとんどの人に、特に夜間の嚙みしめがあります。 
続きを読む

なぜ、白人より日本人に歯の悪いひとが多いか?

  • その他
  • ブログ
  • 咬み合わせ
テレビでナチスドイツの時代を特集していて、当時を振り返る90歳前後の老人が何人かインタビューを受けていました。驚いたことに、すべてのひとに自分の歯があるのです。頭蓋骨の形(長頭・短頭)、骨の厚さ、肉食の長い歴史・・・なども考えられるでしょうが、日本人はストレス性の強い嚙みしめが多いことが、1番の原因だと思います。ですから、嚙みしめ圧の分散が歯を失わない最大の要因だと思います。
続きを読む
WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る