新着情報|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

新着情報|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

すべての投稿

西原克成先生について

  • その他
  • ブログ
東京医科歯科大学歯学部の先輩で、東大歯科口腔外科にながく勤めて活躍されていた西原先生のセミナーに何回か出席したことがあります。ノーベル賞の候補に挙がったこともありました。インプラントではなく“人工歯根” 生後1年間は、母乳・人工乳以外は与えない。などの主張でした。 慶応義塾大学医学部の近藤先生も同じですが、いわゆる“傍流”の研究者で、最近は賛同者が減っており、昔は“へそ曲がり”の私は共鳴していまし...
続きを読む

老化と難聴、老眼

  • その他
  • ブログ
「難聴は老化の始まり」という本を読みました。これは、反対では?年を取るにつれ「興味がないものには、目も耳もふさぐ。」ので、目も耳も機能低下していくのだ。だから、興味がないものも「しっかり見る。しっかり聞く。」ことが老化防止になる。・・・この説に賛成します。身体も同じでしょう。鼻呼吸しないと鼻づまりが起きやすくなります。足も使わないと衰える。脳も同じ。そう考えると「座禅瞑想」は害。断食も害?
続きを読む

TCH(日中の嚙みしめ癖)

  • その他
  • ブログ
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ
  • 歯周病
TCHを重要視する歯科医師もいますが、私は動きの大きい夜間の強い“かみ締め圧”の方が大きな問題でほとんどの人にあると思います。小さいときからの日常生活のひずみ(うつぶせ寝、頬杖、嚙み癖etc)で、少しずつ夜間の下顎のズレた動きが定着していきます。これが身体のひずみなどと影響しあい、肩こりや頭痛、口が開きにくいなどにつながり,悪い歯並びを作り、口呼吸につながりやすいです。昼間、力を入れる時などに無意識の強い...
続きを読む

読書(小説)は有害

  • その他
  • ブログ
読書特に小説は害のようです。私は、昔は太宰治や武者小路実篤や夏目漱石などのほとんどの作品を読むなど、いわゆる読書家でした。中学・高校の国語の成績は良かったですが、実際の人間社会の理解がなく“変人”でした。脳はバカだから、小説の世界を現実社会と混同するみたいです。同じように、小さい頃から将棋などに没頭したりするのも“変人”ができそうな気がします。
続きを読む

スポーツは身体に悪い

  • その他
  • ブログ
  • 口呼吸
大相撲の相撲取りの多くは、いびきがひどく無呼吸症候群のためシーパップ(酸素吸入マスク)を使っているそうです。太っていると気道の狭窄が起きやすいでしょうね。はたして引退後には、普通に眠れるのでしょうか?小さい子のスポーツ(特に水泳)は口呼吸が定着しやすいので良くない・・・と口呼吸絡みでの意見を書かせていただきました。しかし、尊敬する整体師さんの意見では、体操選手も筋肉の発達がいびつになりやすいとのこ...
続きを読む
WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る