咬み合わせについて|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

咬み合わせについて|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

咬み合わせについて

長くご自身の歯を残していただくために

当院は、「咬み合わせ」を特に重要視しています。

長く歯科医を続けていく中で、「良い咬み合わせ」こそが、根本改善であり、歯を残していくことに繋がると実感しているためです。
毎日歯を磨いていても歯が残らなかった患者様もおられました。「磨く」事は、大きいとは思いますが、それだけではないと凄く実感しています。
1~2本の歯に毎晩強圧がかかるとダメになっていくので、嚙みしめ圧を多くの歯へ分散させることが重要です。
「良い咬みあわせ」に導く手段として、片寄った嚙みしめ圧やアゴのズレに対症するため多くの場合マウスピースが一時期必要となります。
当院の様々なマウスピースは千を軽く越えて、『街のマウスピース屋さん』となっております。マウスピースに関しては、良いイメージを持っておられない方も多いかと思いますが、当院のマウスピースに関しては、評価していただける自信があります。

当院は、患者様のお悩みをひとつでも改善できるよう、日々研鑽・技術向上に努めております。
患者様に分かりやすくご案内しますので、気軽にお尋ねください。

このページでは当院の「咬み合わせ」の考え方や治療方法などを案内します。
「マウスピース(ナイトガード)」については、こちらのページをご確認ください。

咬み合わせの重要性

「良い咬み合わせ」とは、
・スムーズに鼻呼吸ができる。・・・起床時、口やのどの乾燥がほとんどない。肩こりや頭痛も少なく熟睡できる。
・歯並びの不正や顔つきの非対称(左右の目の大きさの違い・口元の傾きなど)が進んで行くのを防止できる。
・下の顎を真っ直ぐに前に突き出すと左右の奥歯の上下の間隔がほぼ同じ。

治療経験もむし歯も全くない、きれいでしっかりした天然歯が揃っていても、夜間の咬みしめの動きのせいで徐々に歯並びが悪くなり、歯の動揺を起こしていきます。
また、姿勢や様々な態癖(※)と咬み合わせは、お互いに影響しあっています。
※『態癖』とは、いつも腕枕で寝る・頬杖をつくなどの様々な癖を表します。

「歯ぎしり」や「食いしばり」、「噛みしめ」やそれによる「歯のすり減り」などでお困りの方もぜひ、咬みあわせの改善をオススメします。

歯が悪くなる原因と咬み合わせ治療

当院では以前、こんなことがありました。

30歳過ぎの女性

上の前歯6本の表面の歯肉寄りにいつも、白い歯垢が少したまっていて軽いむし歯になりかけているのです。「磨いているんですけど…」とおっしゃいますが、よく見るとお話ししている途中で時々、上の前歯で下唇を軽く咬む癖があるのです。つまり、上の前歯の表面は少し外に出て外気に触れているので、唾液に覆われていなくて乾燥しているのです。サラサラ唾液の威力を改めて実感した次第です。

60歳前後の女性

当院で勧めている夜間装着のマウスピース(ナイトガード)を着けられた後に「眠りが深くなり、夜間途中で起きなくなり朝のどが渇かなくなった」「なぜ、もっと早く勧めてくれなかったのですか?」「もっと早く言ってくれたら、歯が無くならなかったのに」とおっしゃられました。

良い咬み合わせになると

口周辺の筋肉にひずみが起きにくくなることで、十分な気道確保が出来、鼻呼吸が確立し、質の良い眠りを維持できるようになります。また、バランス良く咬めるようになります。
ほんの1~2本の歯の高さを0.1ミリ程度高くするだけで、首の傾きがその場で変化するようなことを、しばしば経験します。

咬み合わせを変える事の難しさ

長年の間に馴染んだ咬み合わせの改善は、ほんの少しの場合でも、人によっては順応する時間や数回の調整が必要になります。
本来の動きを阻害する箇所があれば少し削り、低いと冠などを再製してバランスの良く当てるのですが、少し高めに作り、何日か様子を見て、なじまないと少し削るを繰り返すことです。最初から慣れるものではありません。

咬み合わせを良くしたいけど、一切健全な歯は削りたくない方へ

お気持ちは十分理解できます。私も歯科医になって10年間くらいは、健全な歯を削るのには抵抗感がありました。
ですが様々な経験を経て、不可能という結論に達しました。そもそも、歯列矯正でも多少の削合は必要です。
全部治療していない健全な歯=『良いかみ合わせ』ではありません。なぜなら、ほとんどの方にアゴの位置や動きのズレがあるため、ズレたアゴとバランスの悪い顎の動きにそった並びだからです。
歯や顎の位置は、嚙みしめ圧のかかり方や姿勢などの影響で一生変化し続けます。たとえば、向かいや隣の歯がなくなることでも、少しずつ移動します。
優先すべきは、バランスの良いアゴの動きと歯への負担の均一化です。
むろん、理論と経験に沿った慎重さが必要で、当院では最小限の削合にて治療を行います。
また、エナメル質の範囲では、少し削合した箇所が虫歯になりやすくなるわけではありません。

「咬み合わせの治療で顎のズレは治せない」という説がありますが、そもそも顎がずれた原因がどこにあるのかを考えることが重要です。
親知らずが伸びたり、向かいの歯がなくなったため歯が伸びたりしたことで、下顎が本来の動きが出来なくなったため顎の動きがずれたのなら、その歯を少し削って、下顎の本来の良い動きを取り戻すべきなのは当然のことでしょう。

一見キレイに並んでいても、顎のズレへの「滑走路」である可能性もあります。
小さい時から、片側的な夜のかみ締めの動きをしていると、そのズレによって「滑走路」ができます。その「滑走路」があると、その上を滑って従来通り顎のズレが誘発されます。
その場合、バランスの良い動きを誘導する「新たな滑走路」を少しずつ作っていかなくてはなりません。
その方法は、マウスピースなどで顎のズレや緊張を緩和し、正常方向に下顎が移動するのに即応してぶつかる箇所は少し削り、低い所は少し高くする…といった方法です。ただ、なかなか理論通りにはいかないので、50点を100点ではなく60点~70点を目指す感じです。

気が付かない間に顎がずれている場合もありますので、ズレが大きくなる前に、一度ご来院いただき咬みあわせを確認いただくのがオススメです。
丁寧に説明いたしますので、ご不安な事はお尋ね下さい。

当院の治療について

当院は咬み合わせ治療を得意としており、これまで多くの咬み合わせに関する症状を診させていただきました。咬み合わせを改善することで、寝つきが良くなったり、眠りが深くなる、肩こりが楽になったり、目まいが無くなったり、ほうれい線が薄くなったと言われることもあります。
症状の多くにも、咬み合わせの不具合が関係しています。
強い噛みしめなどで歯に生じる細かなヒビやズレは、むし歯などに関係する菌の侵入と増殖を許してしまう原因となります。
夜間の「かたよった強い嚙みしめ圧」が、歯を揺らすのです。その動きが下顎のズレを生み気道径を狭くし、息苦しさから口呼吸になり、身体全体のひずみの元となります。

数年間、通っている患者さんで、数年前のアンケートであった頭痛・肩こりなどの症状が「そう言えば、近頃なくなりました。」というケースが数多くあります。
咬み合わせが悪いから色々な症状が出るのではなく、夜間の「かたよった強い嚙みしめ圧」が、ゆがんだ歯並びと身体を少しずつ作っていくのです
つまり、歯並びは、夜間の顎のズレを伴う強い動きにさからえないのです。
生まれつきの変な並びなんてありません。そうなった理由があるのです。
歯並びだけ変えてもまた夜間の偏った嚙みしめ圧にさらされると少しずつガタガタとなっていきます。
少しずつ、夜間の偏った動きを緩和していく必要があるのです。

咬み合わせブログ

ブログでも咬み合わせについて紹介・案内しています。

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る