インプラントのリスク|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

インプラントのリスク|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

インプラントのリスク

インプラントのリスクについて

当院ではインプラントを勧めておりません

10数年、インプラントを経験したうえで当院が、インプラントをお勧めしないことには意味があります。インプラントは、昔より進化したとはいえ、所詮「異物を骨に埋め込む。」ことに違いありません。決してメリットばかりではない事を知っておいてください。

骨に穴を開けて、異物であるインプラント体を押し込むことは、(骨に十分な骨量がない箇所に無理やり…は論外としても)十分な骨量がある箇所でも次のようなリスクがあります。

  1. インプラントの材質はチタン合金かジルコニアです。
    中にはそれらの材質にアレルギーというか「合わない」人がいます。無論、クラウン等の金属にも「合わない」人がいますが、インプラントの材質が合わないと取り去るのが大変です。
    セラミックの内部に使われることもあるジルコニアも「合わない」人が何人かいて、チタン合金のインプラントの方がリスクが小さいように思います。
  2. 嚙みしめ圧等の負荷がかかると天然歯は歯根膜に肥厚が起きて、少し挺出(伸びる)のに対して、インプラントは負荷で骨の中へ押し込まれます。
    インプラントは、周囲の天然歯と比べて少しずつ低くなっていきます。前後の天然歯と同程度の当たり(咬合)のあるインプラントを見たことがありません。
    つまり、強い嚙みしめ圧は、天然歯に集中して天然歯を少しずつ弱らせて行きます。
ブリッジや義歯でも、嚙みしめ圧をバランス良く受けないと問題が起こりますが、インプラントは、本質的に構造的に天然歯とのバランスの良い咬み合わせが成立しないのです。

ですから、夜間の嚙みしめ圧が小さく、前後の天然歯が手つかずで、1本だけの中間欠損で、インプラントの材質の親和性に問題がないならインプラントもありかもしれません

インプラントのデメリット

インプラントのデメリットとしてあまり言われていないことですが、天然歯は荷重を受けると歯根膜に肥厚が起きることで少し伸びるのに対して、インプラントはこの現象が起きずに骨内に圧がかかって沈んで行きます。
つまり、インプラントを入れて少し時間が経つと、100%、前後の天然歯より少し低くなります。咬んだ時(嚙みしめた時)「力」は、天然歯だけにかかるようになります。低いインプラントのおかげでより負荷がかかる天然歯がだんだん弱っていくのです。
無論、夜間の顎のズレや嚙みしめ圧を考えていないブリッジの形態もダメです
さらにジルコニアインプラントは、見た目は自然なもののように見えますが金属の一種であるため、体質的に合わない人も存在します。

気軽にインプラントを埋め込んでいいのでしょうか?

インプラント術後の不定愁訴が増加している。外傷性のものとは明らかに異なる症状を示す

インプラント術後、不定愁訴を訴える患者さんの脳血流シンチ画像。右側頭葉に有意な血流低下が認められた。症状との関連付けには慎重さが求められているが、口腔内では器質的に問題無しとされても、脳内に何らかの変化が起きている可能性は高い。

※「東京医科歯科大学」資料より抜粋

歯を失ってしまったら?

1~2本の歯が無くなってしまった場合には、以下の治療方法があります。

  1. 前後の歯を削ってつなぐ「ブリッジ」
  2. 歯の無い部分の骨を削って穴を開ける「インプラント」
  3. 取り外しタイプの「入れ歯」

苦渋の選択ではありますが、歯がなくなったのは力の負担が大きいのが原因の一つといえます。「ブリッジ」でバランスの良い咬み合わせを作ることが出来れば、長く維持することが可能です。
ブリッジでも両隣の歯を余り削らずにできる場合もあります。そもそも、なぜ歯を失ってしまったのかの原因究明なしに次に進んでいいのでしょうか?

セカンドオピニオンについて

歯周病が進行し歯がグラついている・歯根が破折している、むし歯が進行し抜歯と言われたなど、他院で「抜歯・インプラント治療が必要」などと診断された方に対して、セカンドオピニオンを行っています。
インプラント治療はリスクがないのか?本当にインプラント治療しか選択肢はないのか?そもそもなぜ歯を失ってしまったのか?など、不安に思うことがあればお気軽にご相談ください。

インプラントブログ

ブログでもインプラントについて紹介・案内しています。

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る