顎関節症治療|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

顎関節症治療|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

顎関節症治療

顎関節症とは

顎関節症とは、顎(あご)を動かすと痛みや音があったり、口が開きにくかったりするなど、顎(あご)周囲の痛みなどを症状とするものです。

顎関節症の主な症状

  • 顎関節やその周辺に異常を感じる
  • 食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる
  • 食事をしているとあごがだるい
  • 口を動かすと顎関節に痛みがある
  • 噛みしめると顎関節が痛い
  • 口を開けたり閉じるする時に、顎関節でカックン・コッキンというような音がする
  • 口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない
  • 口が左右にうまく動かない・開けにくい
  • アゴが外れることがある

急に口があきにくくなった…原因と対処法

普段から嚙みしめ圧が強く下顎(あご)ズレがあり、顎周囲の筋肉の緊張が大きい人が、たまたまストレスが多いなどで嚙みしめ圧が強まった結果等で発症します。(こういう方は、頭痛や肩こりや口呼吸を抱えていることが多いです。)
マッサージなどで、安静にすれば少しずつ収まりますが、咬み合わせのバランスが悪く、嚙みしめ圧が強いという素地を少し改善しないと、また発症するかもしれません。
夜間のマウスピースで、顎のズレや筋肉の緊張をほぐせば、起こらなくなりますし、質の高い眠りや鼻呼吸の確立につながります。頭痛や肩こりも軽減することも多いです。

顎関節症の影響

肩こりや頭痛はもちろん腰痛や猫背や椎間板ヘルニア、そして、ほうれい線の深さや口元の歪みや顎の非対称の原因になりかねません。

顎関節症の治療について

顎関節症の主な原因は『バランスの悪い』『強い』『夜間の嚙みしめ』ですので、その力によって生じた左右の顎のズレや周囲の筋肉の緊張の差の緩和が治療法です。
左右の顎の関節の位置を両目と平行に近づけ、夜間の嚙みしめ圧を多くの歯にバランス良く分散し、顎の動きも左右ではなく前方へ誘導することです。具体的には、マウスピースを入れて、少しずつ筋肉の緊張を緩めて、少しずつ咬み合わせのバランスを整えていくことです。(咬み合わせページもぜひ参照してください)

これが、左右の目の大きさの違いや口元の曲がりや顔つきの非対称や鼻唇溝の改善や眠りの質を挙げ、鼻呼吸の確立につながります。

東京医科歯科大学の顎関節治療部の意見では、治療はセルフマネージメントが主体になることが多いそうです。つまり、ストレッチや生活習慣の改善がメインになります。一時的なものに終わるのではないでしょうか?
他方では、歯列矯正や全額補綴で200~300万円はかかる治療を勧めている所もありますが、機器で計測して、良いかみ合わせを決めるのはリスクが大きいと考えます。

顎関節症対策としてのマウスピース

当院では、顎関節症の原因として無意識の夜の「バランスの悪い強いかみ締め」を考えております。それにうまく対処するため、小さなスプリント(マウスピース)から治療を始めています。患者様の口に合わせて調整する当院のマウスピースを自信をもってお勧めしておりますが、費用を抑えたい患者様のため扁額の保険のマウスピースも紹介しております。
マウスピースで夜間の嚙みしめ圧を対処することは、睡眠の質も向上させてくれます。呼吸が楽になるので、無呼吸症候群にも効果があります。また、喉や口が乾きにくくなるため、歯も被害を受けにくくなります。
そのような観点から、当院はマウスピースにこだわっています。(マウスピースページもぜひご覧ください)

顎関節症ブログ

ブログでも顎関節症について紹介・案内しています。

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る