金属アレルギー治療|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

金属アレルギー治療|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

金属アレルギー治療

金属アレルギーの主な症状

  • 顔や全身に発疹がでる
  • かぶれる・ただれる
  • 手足の皮膚がむける
  • 粘膜に白い網目状の病変ができる(扁平苔蘚)
  • 味覚異常
  • 口内炎、口唇炎
  • 脱毛症
  • イライラする
  • ウツになりやすい 等

当院が考える詰め物の親和性について

金属アレルギーには、すぐ症状に出るものと徐々に影響が出るものがあります。当院では、なるべく親和性の高い素材を選択しております。

金属アレルギーの症状が表れたら

症状は人によって様々ですが、金属によりピアス・ネックレス等が苦手で、金属アレルギーかも?と不安に思われた方は、金合金やセラミックの中から「合う」ものを選んで差し上げます。数多いときは、皮膚科や内科にて、パッチテストや血液検査を受診して、その検査結果の「金属アレルギーの診断書」をご持参くだされば、保険で対処できる範囲が広がります。

保険治療の銀歯とは

日本の保険制度の「銀歯」は「金銀パラジウム合金」です。
欧米に「パラジウム合金」が歯科用金属として使用禁止になっている国があるといいます。金属アレルギーの原因となり得るということです。症状として現れる場所も口腔内だけではなく、手のひらや足の裏、または全身に症状が出る事がありその多くは、口腔内の金属が原因であるとは診断がつかないこともあります。症状は皮膚に限定されているわけでもなく、「イライラ」「うつ」のようにメンタル面の方が大きいのではないかと思います。これは、パッチテストではわかりません。
ただ、すべての人に「パラジウム合金」がひどく悪いわけでもありませんし、金合金でも成分によって、またインプラントやセラミックに使われるチタン合金やジルコニアも合わない人もいます。個人差も大きいです。
できれば、神経を抜いた歯の心棒にネジや金属は使わない方がいいと思います。口の中は身体で最も敏感な「体内」のようです。

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る