矯正歯科|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

矯正歯科|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

矯正歯科

歯並びが悪くなる原因

そもそも何故、歯並びが悪くなったのでしょうか?
最大の理由は『夜間の咬みしめの動きや、周囲組織の圧力バランスの乱れ』と当院では考えます。
例えば、いつも口が開いている子は、上の前歯が出っ歯になりやすい傾向にあります。そこで、小学校の低学年以下なら、プレオルソ、それ以降ならSH療法を推奨しています。
当院の矯正治療は、見た目だけでなくバランスの良い咬み合わせになるよう矯正治療をさせていただきます。
歯並びがガタガタなときの矯正法として、下記を勧められる事があるかもしれませんが、当院ではオススメしていません。

  1. 主に4番の歯を抜いて(歯の数を減らして)スペースを作りワイヤーで並べる
    ・・・大切な4番を抜くなんて論外です
  2. インプラントなどを利用して、歯を奥に送りスペースを作りワイヤーで並べる
    ・・・奥歯の奥が狭苦しくなり下顎骨の動きを妨害するのでダメです
ですから、歯列のアーチを広げるしかありません。特に、SH療法が優れています。そもそも、多くの場合歯列が狭くて並ばないのですから、広げるべきでしょう。広いアーチは、まさに健康のシンボルです。

プレオルソとは

当院のお勧め

いつも少し口を開けている子供が増えています。大人になって口呼吸を直すのは大変です。アゴのバランスの悪い動きが、口呼吸と悪い歯並びでの主な原因です。
プレオルソとは、口のまわりの筋肉の訓練ができる、マウスピースの形をした矯正装置です。口のまわりの筋肉や舌を鍛えることで、口呼吸や舌の位置を正すことができ、歯並びを整える効果があります。
これまでの矯正のようにきっちりと型にはめるのではなく、8割程度の効果で歯並びや咬み合わせを改善していくことを目標としているので、気負わず続けやすいのが特徴です。
この矯正を始めるのは幼稚園児から小学校低学年くらいまでが理想的です。
大人の歯が揃うまで待つより成長期が終わるまでに矯正も終わることが、体に良いと考えます。歯並びに問題が無くても、プレオルソによって前歯部の表情が良くなり、鼻呼吸の確立にもつながります。

SH療法とは

SH療法は、取り外し式の特殊なスプリングによって、抜歯をせず歯列を整える矯正方法です。
装置を毎日夜間の8~10時間に装着することで効果が表れます。取り外しが可能で、ご自身の希望するタイミングで矯正治療ができるため、誰にも知られずに治療することが出来ます。
SH療法は「顎を広げる」ことを目的とした矯正歯科であり、非抜歯はもちろんのこと、歯並びが戻ることを防止し、顎関節症・睡眠時無呼吸症候群・肩こり・頭痛など様々な症状を改善できる可能性があるということが、最近の研究により分かってきました。
歯を抜いてワイヤーで並び変えるのは体に無理があると考えます。

料金

全て税抜き料金です。

プレオルソ 150,000円
SH療法 500,000円
WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る