新着情報|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

新着情報|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

すべての投稿

入れ歯の定期検診について

  • 入れ歯
入れ歯は、人工歯がすり減ったり、嚙みしめで歯肉の部分が少し吸収したりで、咬み合わせのバランスが変化していきますので、半年に一度くらいの調整が必要です。同様にマウスピースも、少なくとも半年に一度の調整が必要です。 夜間の嚙みしめ対策と気道径の確保のため、夜間の入れ歯装着は必須です。ただし不安定な1~2本の小さな義歯は、外して寝た方がいいかもしれませんね。    。  &...
続きを読む

バランスの良い咬み合わせ

  • 咬み合わせ
ある歯が悪くなったら、悪くなったその歯だけしか見ないで治療を続けていけば、姿勢が曲がり、眠りの質が低下して、少しずつ悪い歯が増えて行きます。物事にには原因があります。磨いていなかったからその歯に問題がおきたのではありません。実際、1番汚れている歯が悪くなるわけではありません。3要素、中でも「咬み合わせ」のバランスは重要です。ろくに負担のかからない歯は悪くなりにくいし、力の負担が大きい歯から悪く...
続きを読む

なぜ、白人より日本人に歯の悪いひとが多いか?

  • その他
  • ブログ
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ
テレビでナチスドイツの時代を特集していて、当時を振り返る90歳前後の老人が何人かインタビューを受けていました。驚いたことに、すべてのひとに自分の歯があるのです。頭蓋骨の形(長頭)、骨の厚さ、肉食の長い歴史・・・なども考えられるでしょうが、日本人はストレス性の強い嚙みしめが多いことが、1番の原因だと思います。ですから、嚙みしめ圧の分散が歯を失わない最大の歯を守る方法です。また、長頭(頭蓋骨が前後に長...
続きを読む

不定愁訴のアンケートについて

  • ブログ
当院では、来院された患者様に問診表をご記入いただいた際、・頭痛・肩こり・腰痛・不眠上記の様な「不定愁訴」のアンケートを書いていただいております。また、治療を進めていくにつれ改善しているかも、ご記入いただいております。 【患者様に実際にご記入いただいた問診表】0.症状がない1.やや目立つ2.目立つ3.極めて目立つ こちらを見ていただくと、頭痛などの症状が治療が進むにつれ緩和されているのが見受...
続きを読む

インプラントを20年間やってみて感じたこと

  • インプラント
  • ブログ
インプラントが出始めた30年以上前から時々インプラントをしていました。初期のインプラントは現在のものより劣ったもので、色々なトラブルがありました。しかしながら、現在のインプラントでも直接顎骨に(歯根膜の介在無しに)力がかかり、だんだん天然歯と比べて骨の中に沈み込んで行きます。つまり、嚙みしめ圧がインプラントではなく、天然歯に力が集中して天然歯が弱って行きます。。所詮、インプラントは骨に穴を開けて...
続きを読む
WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る