親知らず抜歯?|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

親知らず抜歯?|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

親知らずは抜歯?

  • その他
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ

親知らずをどうするか?・・・時々質問を受けます。
歯科医師の中でも、「ちゃんと真っ直ぐ生えてかみ合っているなら問題ない。」という意見がありますが、よくわかっていないと思います。下顎の筋突起という関節の突起が下顎を大きく動かすと上の親知らずと干渉すると、動きにくくなるため、親知らずの奥に数ミリ以上のスペースが必要です。これは1%以下の人にしかありません。

 長頭、短頭という言葉がありますが、日本人は短頭系なので歯槽骨の奥行きが小さいようです。

  夜間の強い顎ズレの動きで、ある歯に強い嚙みしめ圧がかかる事が歯が悪くさせる要因ですので、親知らずがあるとバランスの良い動きになりにくいです。

ですから、ほとんどの人に特に上顎の親知らずはないに越したことはないです。また親知らずがあると、前方の歯をあまり使わなくなる傾向が強まります。生まれつき親知らずがない人も増えており、親知らずがなくて困っている人はいません。 

 ただ、生え方や抜歯することへの本人の恐れ・拒絶などの要因がありますので、時期をみて納得が得られてから

でないと、抜歯後の予後が悪い可能性が高いと感じます。

 

 

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る