• 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

口呼吸

マウスピースの威力

  • その他
  • 口呼吸
  • 歯周病
  • 顎関節症
歯周病で全体的に歯が悪くなるなら遺伝要因、一部の歯が悪くなるならそこへの片寄った嚙みしめ圧とそれに付随する口呼吸による乾燥が原因です。無論、1日5分程度のブラッシングは必要ですが。ですから、後者の条件が悪い人は、嚙みしめ圧の分散と鼻呼吸に誘導できるマウスピースの夜間装着が必要です。さもないと、嚙みしめ圧の強く当たる歯から少しずつ悪くなっていきます。「磨け!磨け!」だけでは、良くなりません。ですか...
続きを読む

耳鳴り改善

  • その他
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ
最近、顎関節症に対してマウスピースを作ると、眠りの質が良くなる、口呼吸が鼻呼吸に変わっていくのは無論ですが、耳鳴りが良くなったという言葉を聞くことが多くあります。 耳鳴りの主な原因は、夜間の片寄った強いかみ締めによる顎ズレです。また眼瞼下垂が起きるのも、そちら側に下顎がずれて強いかみ締めがあるのだと思います。  
続きを読む

親知らずは抜歯?

  • その他
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ
親知らずをどうするか?・・・時々質問を受けます。歯科医師の中でも、「ちゃんと真っ直ぐ生えてかみ合っているなら問題ない。」という意見がありますが、よくわかっていないと思います。下顎の筋突起という関節の突起が下顎を大きく動かすと上の親知らずと干渉すると、動きにくくなるため、親知らずの奥に数ミリ以上のスペースが必要です。これは1%以下の人にしかありません。 長頭、短頭という言葉がありますが、日本人は...
続きを読む

無呼吸症候群に有効なマウスピース、その種類

  • 口呼吸
  • 歯周病
無呼吸症候群の原因の多くは、咽頭部の気道径の狭さです。患者さんの多くは、以前から口呼吸だったと思います。ですから、咽頭部の気道径を広げるため下顎を前に保持するマウスピースの夜間装着が有効な場合が多いです。 マウスピースの種別保険適応のスリープスプリント医者からの依頼書が必要です。何例もやったことがありますが、下顎をアイーンと前に保持するもので、異物感が強くなかなか長期に使用している患者さん...
続きを読む

インプラント難民

  • インプラント
  • その他
  • 入れ歯
  • 口呼吸
インプラント難民という言葉があります。介護施設に入所する時、「インプラントが入っていますか?」と聞かれて、入所後、インプラント周囲の炎症などが起きると投薬治療以外の治療は無理なことが多く、対応に苦慮することが多いそうです。インプラントを抜くことは、歯を抜くよりずっと大変です。 インプラントをする時、何年持つか、様々な条件で一概には言えませんが、やはり・夜間のかたよった強いかみ締め・口呼吸による...
続きを読む
WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る