マウスピースの威力|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

マウスピースの威力|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

マウスピースの威力

  • その他
  • 口呼吸
  • 歯周病
  • 顎関節症

歯周病で全体的に歯が悪くなるなら遺伝要因、一部の歯が悪くなるならそこへの片寄った嚙みしめ圧とそれに付随する口呼吸による乾燥が原因です。無論、1日5分程度のブラッシングは必要ですが。

ですから、後者の条件が悪い人は、嚙みしめ圧の分散と鼻呼吸に誘導できるマウスピースの夜間装着が必要です。さもないと、嚙みしめ圧の強く当たる歯から少しずつ悪くなっていきます。「磨け!磨け!」だけでは、良くなりません。

ですから、ある歯が悪くなる原因の多くは、その歯以外にありますので、その歯だけ見ての対症には限界があります。「そんなことないよ。毎食後10分きっちり磨いていたお陰で、70歳を越えても全部歯が残っている

よ。」・・・そういうあなたは、遺伝的にも悪くないし、片寄った強いかみ締めがなく、鼻で呼吸できているのです。おそらく1日5分のブラッシングでも十分に歯の健康を維持できるでしょう。無論、定期的に歯科に行かなくても。

 

 

 

 

 

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る