幼児の「おしゃぶり」について|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

幼児の「おしゃぶり」について|京都市の歯医者、咬み合わせ「医療法人越久村歯科医院」

  • 075-321-4768
  • 電話受付
    9:00~13:00 / 14:30~19:00

    ※水曜・木曜・日曜・祝日 休診

新着情報

幼児の「おしゃぶり」について

  • その他
  • 咬み合わせ

おしゃぶりは、なるべく薄いタイプがいいかもしれません。
2歳以降のおしゃぶりには、専門家のなかにも賛否両論ありますが、私の意見は、ストレス解消の1手段として本人が気に入っているなら4~5歳でも取り上げる必要はないと思います。欧米諸国では、4~5歳でも珍しくないようです。
 反対意見の主なものは、「出っ歯」になるとの意見ですが、おしゃぶりをくわえる事で口元の筋肉に緊張が生まれ、きれいな歯並びになりやすいように思います。
 「出っ歯」の原因は、口元がたるんで、「お口ポカン」となり歯の表側からかかる圧がなくなる事だと思います。

WEB予約
お問い合わせ

ページトップへ戻る