根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ院長紹介医院案内・アクセス お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

噛み合わせ

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  噛み合わせ

ストマトロジー協会会長眠りの深い時(人によって昼間も)、結構かみしめています。硬い食事ではなく、『かみしめ』で歯が削れたり、歯並びがガタガタになっていきます。

かみしめが、右か左によっていると、顎もズレ、左右の眼の大きさがことなり、口元が傾き、全身がひずみます。

そういう事を、無視しての『その歯だけの治療』でいいのでしょうか?

歯が悪くなる原因と噛み合わせ治療

「よく磨いてさえいれば、歯が悪くならない。」と思っていませんか?

幼い時からのストレス性の夜間の『はぎしり』で歯をこすり、『噛み締め』の強い圧が歯並びを悪くさせたり、歯が削れたり、揺れてきたり、歯ぐきが腫れたり、歯に微小なヒビを作り、そこからむし歯ができやすくなります。長期間の強い圧が下顎骨(下あご)の横ズレを伴い、上顎骨(上あご)・顎の関節・頭蓋骨そして全身を歪(ひず)ませます。

これが、頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・・・『めまい』、『耳鳴り』『視力低下』にもつながり、
また、気道をゆがめ息苦しくなり口呼吸を招きやすくなります。
口呼吸は、鼻にはあるフィルター効果がなく空気中の雑菌等をそのまま肺に送り、血液に入り全身をめぐり、皮膚を荒し、腎臓や肝臓などに負荷をかけます。さらに、いつも口元が開いた表情になります。朝起きた時、喉や口が乾燥するのは、口呼吸です。

人様々で治療は出来ますが、問題の大きな方には下記のような治療を、お勧め致します。

  • 上顎骨・顎関節のゆがみ 筋肉の緊張を緩和させることから始めます。
    ・・・スプリント制作。夜間装着でおおまかな症状の緩和
    ・・・原則1~2ヶ月の使用 1万円  長期に使用するマウスピースは、大変危険です。
  • バランスの良い噛み合わせを作る。
    噛み締め・はぎしりは、ストレスのため仕方ないにしても、歯を守るためにバランス良い噛み合わせを作れば、悪影響は小さくなります。
    いつも片側で噛み締めるのが問題です。
    又、金属などで、親和性の悪い物があれば、親和性の良いものをお勧めします。
  • 小さい頃からの下顎の“かたよった”動きを改善し、
    バランス良くするための上下にいれるマウスピースをお薦めしています。

    ・・・ナイトデンチャー 15万円  上下に全面覆うからこそ、長期に使用可能。しかし半年に1度のチェックは必要。

 

ナイトデンチャーの効果

  • 気道が広がり、呼吸が楽になり、イビキが少なくなり、鼻呼吸になってくる。
  • 歯ぎしりがなくなり、寝つきが良くなり、眠りが深くなる。
  • 歯にかかる『歯ぎしり・噛み締め』の強い力が多くの歯に分散し、歯が悪くなりにくい。
    ・・・少数の歯に集中するとその歯が悪くなりやすい。
  • 頭蓋骨の歪(ひずみ)の緩和。
  • 無呼吸症候群に効果。

☆上記の『噛み締め』の強い力により、ヒビが出来て虫歯へ、口呼吸と併せて歯周病へ。

噛み締めのバランスが良く、鼻呼吸ならば、歯磨きは1日5分で充分。

 

噛み合わせが狂ったのは、なぜか?

無論、生活習慣の改善は必須です。つまり患者さんにも努力が必要な場合は多いです。
つまり症状によっては時間がかかります。

歩き方や姿勢がひどいのに、噛み合わせは正常・・・そんなことはありえないのです。

噛み合わせは全身症状はもとより、無気力等の精神性との関連もあります。

ナイトデンチャーを推奨します。
下顎は夜間に気道を広げて酸素を取り込みやすくするため、おおきく前方に動きます。その動きが前にスムーズに動くことが大事なのです。
15万円かかりますが、すごく有効です。
またこの考えによる矯正も健康な歯並びを作り、あらゆる不定愁訴を軽減しあなたの人生を変えます。

※くいしばりについて
くいしばり(このうち音の出るものが はぎしり)は、就寝中誰にでもあります。極端に体力の消耗している方以外は。

くいしばりは、ストレス発散の役割があり、有用な部分もありますが、くいしばり方によっては、歯を揺らしたり、歯にヒビや痛みを起こしたり、歯並びを変えたり・・・片側に偏ると頭蓋骨(特に蝶形骨)を歪ませ全身に悪影響を与え、又気道を狭め口呼吸の要因となります。

夜間のくいしばりの強い人は、昼間もくいしばっていることが多く。留意してもらえたらと思います。又、夜間にくいしばるとしても、顎をずらさずに、バランス良く、多くの歯で庄を分散できたら問題が起きにくいです。

※表示金額は全て税別です。

西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ