根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

歯周病

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  歯周病

歯周病についての考え方

ちゃんと鼻呼吸が出来ている人に歯周病の人を見たことありません。口呼吸の多くの弊害の一つが歯周病です。

◎ 噛み合わせ(特に夜間)のバランスを整え、全体に圧力(力)がかかる噛み合わせにする。
◎ 体が嫌う金属(とはかぎりませんが・・・)を、より親和性の高いものに替える。(金属アレルギー)
◎ 口呼吸を鼻呼吸に変える。

この3つでほとんど改善します。歯磨きや手術など枝葉末節!

  • 口呼吸してるかどうかの見分け方
  • 下唇が厚く、乾き気味で、いつも1ミリでも唇が開いていることが多い。
  • 朝、口の中や喉が乾いている。
  • イビキ、歯ぎしりが多く、熟睡感がない。

歯周病(歯槽膿漏)を治す、進まない様にするには

ほとんどの歯科医が、「磨け、磨け・・ほらまだここが磨けてませんね。」
ほんとうにそうでしょうか? サンスターやライオンに洗脳されていませんか?
磨いていれば、歯を失わないのでしょうか?揺れる歯は、近くの揺れていない歯より本当に、“磨けてなかった”のでしょうか?多くの歯が無い方に入れ歯を作るとき、結構片方の親知らずが残っているケースが多いのです。
親知らずは、どう見ても1番磨きにくい歯です。その磨きにくい歯が結構残っているのです。
その手前の磨きやすい歯がダメになっているのに・・・。
親知らずは、遅く生えるのを考えに入れても、磨く・磨かないの問題以外の要素が関与していると思いませんか?
・・・そう、毎日の強圧(特に夜間の)が、歯を揺らしていくのです。
・・・強圧がバランス良く、多くの歯に分散出来るなら問題は起きにくいのですが。
・・・そう、揺れる歯は、たまたま強圧のかかる位置にいたため犠牲になっただけなのです。

わたし自身、ほとんど練り歯磨きを使ったことはありません。
歯磨きも1日5分程度です。歯ブラシのみです。55歳ですが歯周病ではありません。
歯垢染め出し液でけっこう染まってしまいます。
甘いものも、ひかえるようにはしていますが結構食べています。
皆さんの周りにも、60歳~70歳になってもほとんど歯がのこっているひとが熱心な歯磨きをしているひとでしょうか?

歯を磨いたって無駄」といっているのではありません。
歯周病の人は、がんばってもらいたいですが、あまりおおきな要素だとは思いません。

歯科医仲間では、やや異端的な意見かもしれませんが、どうしてもつぎのように思うのです。

歯周病にならない人はどんなひとか?

  • 噛み合わせの平面が、頭蓋底(カンペル平面)にほぼ並行であること。・・・重要
  • 歯の根が長く丈夫な人
  • 唾液がサラサラで多い人・・脂肪分、乳製品、砂糖、肉は減らす ・・・よく咬む
  • 口で呼吸しない人
  • 立った姿勢が両足荷重でややつま先よりに荷重のかかるひと
  • 口のなかに(合わない金属)の入ってない人
  • バランス良くかめる人
  • 歯を連結してない人 特に上の正中を繋ぐのはイヤ
  • 風邪などひきにくい人 ・・・・免疫力の強い人

歯周病対策として

  • 磨く・・・・・ブラッシング、歯石の掃除、表面平滑化
  • ばい菌をやっつける・・薬、レーザー、うがい薬
  • 口呼吸をやめる
  • 食事に留意
  • 歯ぐきのマッサージ
  • ストレスに対処・・・確かに、間違いではないですが、それならすべての歯がほぼ同じ条件です。

実際には、なんともない歯や丁寧に磨いても動揺や腫れがひかない歯があります。
なぜか?

歯を揺らすのは‘力’なのです。噛み癖もありますが、それより大きいのは、
夜間の呼吸相における大きな下顎の動きによる食いしばり・歯ぎしりなのです。

バランスの良い咬合を与えると、結構おさまってくるのです。  

強い力が毎日かかると揺れるのは、当然です。つまり揺れている歯は揺れていない歯より大きな力がかかっているのです。

また、歯に体が嫌う材料が入っていると、体がいやがってくいしばりが起きやすくなります。
歯が揃っていないと入れ歯でもいいからそろえてやると随分違います。

要するに、大きく言いますと

①ストレス性の強いかみしめが1部の歯にかかる
②夜間の呼吸を求めて、気道確保のために下顎がもがく
③歯に入っている金属などの親和性
④理想的な、歯の並びや形に問題がある

などによる『強い』かみしめが、歯を壊しているのです。
そこで、力を分散し、呼吸を楽にし鼻呼吸に誘導するナイトデンチャーがいいですよ。

歯磨きの効用

  • 歯ぐき、舌、粘膜面を刺激することは、経絡からみても有意義 
  • 唾液量が増えるのは大変有意義
  • インフルエンザなどのウイルスは、口腔粘膜から感染する率が多く、唾液が粘膜を覆うのは予防に有意義
  • アルコールと結びつきアセトアルデヒドを産生する汚れを除去することは、食道がんや舌癌の予防になる
  • 口腔内を清潔にすると、胃腸炎などを引き起こすピロリ菌の増殖を予防

など、多くの効用があります。
1日に1度でいいから5分は必要でしょう。

インプラントに数十万円から数百万円をかけるなら、歯を失う前に体にあった金属で
いいかみ合わせをつくるのがずっと安上がりで賢明な選択でしょう。


 
※表示金額は全て税別です。

西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ