根本治療
京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ 院長紹介 医院案内・アクセス お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

金属アレルギー(アマルガム)

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • 顎・口元のズレに注目
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • 小さな虫歯は、変色だけなら経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  金属アレルギー(アマルガム)

ピアス、ネックレス等が安物で、肌がかぶれたり・疲れたり・イライラしたり、などの経験のある方は、保険で使われている金パラやアマルガムの金属と相性が悪いかもしれません。

少しイヤな方と凄くイヤな方といろいろですが、口の中は、耳たぶ・首周りより敏感なように思います。

凄く合わない(親和性が悪い)と、・・・人によっては、うつ症状が出ることもあります。

金属アレルギーというと皮膚科でのパッチテストを持参する人もいますが、多くの歯科では金属全部やめて、セラミックやCADやハイブリッドに替えるということになることが多いです。

最近、医科で『この人は金属アレルギーです』という検査結果など(特に指定はないようです)があれば、保険で白い材料(CAD)を使って、あの銀色の金属(金パラ)を使わずにできる範囲が増えました。できれば持ってきてください。

しかし、金属以外であれば、親和性に問題がないわけでもありません。特にセラミックの内部やインプラントに使われているジルコニアの親和性に問題がある方もいます。

奥歯(大臼歯)のセラミックには、反対です。やはり自然の歯と同等の磨り減りやすさは必要(自然の歯は、長年使っていると少しづつ磨り減ります。)で、レジン(プラスチック)は柔らかすぎて、セラミックは硬すぎます。白くするならCADかハイブリッドの方が自然の歯とのバランスが取れやすいでしょう。奥歯をセラミックにするのは、カチンカチンの硬い靴底の靴をはくようなものでしょう。

無論、金合金であれば問題がないとは限りません。当院では、6種類の金合金の中から選んでいます。金合金は咬み合わせにやさしく、自然の歯とバランスが良いです。

多くの技工士さんも同じように考えています。

値段

金合金の修復物・・・大きさによって5~8万円 数種の金合金を用意しています。
目立つ場所は、セラミックやハイブリッドでもできますが・・・。値段は同じ位です。


 

PAGE TOP

西院駅の越久村歯科医院 予約はEPARK歯科へ