根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

ミラクルデンチャー(部分入れ歯)

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー研究会』設立時からのメンバーです。

入れ歯には、夜間の気道確保を確保する『呼吸器』としての大切な役割がありますので、
不安定な小さな入れ歯は例外ですが、『入れ歯は入れて寝る』が絶対です。
ミラクルデンチャーなら、すぐにでも型どりをして“良い入れ歯”ができる
と思ってこられる方が多いですが、そうでない場合も多くあります。

値段

20万~30万円


ミラクルコーヌス、ミラクルブリッジ

最近、ミラクルコーヌス、ミラクルブリッジについての問い合わせが増えていますので、一言、申し上げます。

 ミラクルコーヌスは、高価(40万円~50万円)ですが、症例を選べば良いものですが、ミラクルブリッジは、評価していません。当院では、普通のブリッジでも歯の神経をぬくことは99%ありませんし、歯の大きさや形をむやみに変えることは、良くありません。人工物を接着する以上そのスペースを削らねば、大きさが変わってしまいます。

 そもそも、その歯はほんとに抜かねばならないのでしょうか?
また 何故そうなったのでしょうか?その傾向の改善を考えていきましょう。

ミラクルデンチャー(部分入れ歯)

ミラクルデンチャー
  • インプラントをお考えの方
  • 噛み合わせの異常に悪い方
  • 自分の歯のぐらつきが気になる方
  • 義歯を入れると歯に痛みのある方
  • 義歯のために喋りにくい方
  • 噛めない、喋れない、味わえない方

義歯(入れ歯)になっても、悲しむことはなくなりました。
希望にみちあふれた全く新しい義歯。

ミラクルデンチャーは局部床義歯(部分入れ歯)です。(特許出願中)

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー(部分入れ歯)について(インプラントと比較して)

従来の入れ歯とは、全く異なった考え方から出来た画期的な義歯です。
まず、

  • 異物感が大変小さい。
  • 目立たず、歯肉をおおう部分が小さい。
  • 入れ歯の部分でしっかり噛める

唯一の欠点は、出し入れに最初練習が必要である事です。
他には、全く従来の入れ歯の出る幕はありません。
以前は、どうも入れ歯には自信がありませんでしたが、現在は「入れ歯ならまかせて下さい」とやっと言えるようになりました。

入れ歯はどうも噛めないので、インプラントを考えている方は多いですが、この入れ歯(ミラクルデンチャー)なら、わざわざ顎の骨を削って異物(チタン合金)を押し込むインプラントの前に、やってみる価値は十分にあると考えます。

事実、ミラクルデンチャー(部分入れ歯)をして、インプラントに変更した方はいません。
インプラントはチタン合金で、携帯電話のアンテナにも使われており、体への為害性が考えられます。
案外、電磁波による人体への為害作用は、大きいものです。
ある治療院でのアンケートに矯正経験(特に抜歯矯正)とともに、インプラントが入っているかとまず聞かれます。それほど不定愁訴の原因と関連づけられています。
ノンインプラントの詳細はこちらから>>

特にインプラントと歯を連結した大きなブリッジは、頭蓋骨の自由な動きを阻害して孫悟空の頭にはめ込まれた鉄の輪を連想してしまいます。インプラントは下顎に1~2本のものだと考えます。
ミラクルデンチャーだから、なんでも良いということではありません。多くの義歯の患者さんは、全部自分の歯が揃っていたときと上下顎の位置関係が大きく狂っていることが多いので、徐々に本来の位置関係に戻す必要があります。

義歯は、夜は入れ歯洗浄剤につけて、外して寝ると言う方がいまだに多いですが間違いです。
義歯は夜間(寝ている時間)、気道を広げて酸素を取り入れる役割があり、外して寝ると咬合高径が低くなり息苦しくなり鼻呼吸では追いつかなくなり口呼吸が常態化して喉元がカラカラになります。気道の径が狭くなり、少しでも気道を広げる位置関係を求めてさまよい頭蓋骨を歪めます。 
義歯は呼吸器の側面があり、大変大きなウエイトをしめています。
入れ歯をいれて寝るだけで、不眠が治った、眠りの質が向上した・・・など声を例外なく聞いております。 
義歯の洗浄は、30分ぐらいで十分です。

金属を使わない「ミラクルフィット」という義歯が誕生しました。

  • スマイルデンチャーと比較して
    スマイルデンチャーは、少し柔らかく、義歯の部分であまり噛めません。つまり、義歯を入れても実際咬んでいるのは、自分の歯ということになります。
  • 磁性アタッチメントと比較して
    口腔内という敏感な”体内”に、磁石を置くのは感心できません。
  • テレスコープと比較して
    費用と時間がかかるわりに、歯を連結するのは、たいへんわずらわしいものです。
    重いということもたいへんわずらわしいものです。
  • 保険の義歯と比較して
    異物感も大きく、維持に使う歯におおきな負担を強いて弱らせます。

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー

ミラクルフィット

ミラクルフィット

入れ歯110番

入れ歯・・・お困りでは?

入れ歯 あまり良い印象はないでしょうか?

特に女性の方は、入れ歯なんて死んでもイヤ的な人は、多いですね。それで、1本の歯がなくなると前後の歯を繋ぐ(いわゆるブリッジです。ブリッジは前後の歯を削らなければなりません。そして、噛み合わせの高さなどが変わることが多く、繋ぐこと自身イヤなことです。)
2本3本・・なくなると?つぎつぎに繋いで、中には全部つないでいる人さえいます。でも結局それがダメになって総入れ歯に近くなる。そのパターンがすごく多いですね。

その反省から流行りだしたのがインプラントですね。まさに安易なインプラントの乱立時代です。確かに自分の歯を削らずに済むことは大きいです。しかし、骨(頭蓋骨)を削るのはなんともないのでしょうか?骨は/しなる/ものです。そこに剛体のチタン合金を埋め込むことに限界を感じます。また電磁波障害を受けやすくなります。インプラントが入っていてもそこではかめなくて自分の歯ばかりで咬んでいる方も多くいます。
いい入れ歯があればインプラントの出る幕はありません。※ノンインプラント

昔、保険の義歯の限界を感じていましたし、インプラントも必要悪かなと思ったこともありました。いい入れ歯を捜して、いろいろな講習会に行きました。4~5年前に出会った「ミラクルデンチャー」は、なかでもすぐれたものでした。当時はまだ不満が残るものでしたが、発案者の中川先生が夢のなかでも”入れ歯のことばかり考えてる人”で、段々優れたものにかわってきました。

目立たなくて、自分の歯のように噛めるなら・・・歯も骨も削りたくないでしょう?むろん、そのほうが健康です。

・・・・・ただ、歯がなくなっても放置している人はだめです。歯が全部そろっていることは健康にも*心にも*安定をもたらします。”噛めるからいいや”は間違いです。保険の入れ歯になじめなくて…という方がそうなってしまったケースも多いですが。

ただ、入れ歯をいれるのがむつかしいというか、どこで咬んでいいのかわからないという方がいます。そういう方は多くの場合、歯は少ししか残っていない時代が長く、前で(または横で)噛む習慣が染み付いている人に多いです。こういう方が総入れ歯になるとむつかしいです。

入れ歯の問題点

あたりまえのことですが、大きな入れ歯(総義歯を含む)がうまく使えない理由は、型がうまくとれていないとか、噛み合わせが悪いとかの話ではないことがあります。

大きな入れ歯になるには、少しずつ歯がなくなっていく過程で、残りの歯でばかり噛んで、上下の顎がずれてしまっている。そのずれた位置関係で作っても、その位置は、例えば最期に残った歯の位置で噛むのに適した位置でしかないのです。

つまり、現状の位置関係で作ってもダメな場合があります。徐々に位置関係を修正する入れ歯を変えていきながら、良い位置関係になってから、作り直さねばならないことがあります。ただこれは、保険ではできません。

西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ