根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

コラム

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア

「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア

夜はきちんと眠っているつもりなのに、昼間に強い眠気に襲われ、仕事や勉強などの日常生活に支障をきたしている人が増えています。
これは、睡眠中に呼吸が止まる「無呼吸症候群」である疑いがあります。
無呼吸症候群は、いびきをよくかく人に多くみられる症状ですが、睡眠中にいろいろな理由で気道が圧迫されることで呼吸が阻害され、脳への酸素供給が減少することで、循環器などに大きな負担がかかるものです。
息が止まれば、当然のこととして苦しさで目が覚め、何時間眠っても疲労感が取れず、日中に強い眠気やだるさ、集中力の低下を引き起こすのが特徴です。
たかがいびき、と軽視されがちな無呼吸症候群ですが、近年では歯の噛み合わせやあごの形状、あるいは食いしばりなどの生活習慣などとも密接に関わっていることが分かっています。
症状の自覚が難しい無呼吸症候群に対しては、家族の協力や自己診断をきっかけとした「気づき」が肝心です。
歯の噛み合わせのトラブルや、あごの痛み、肩こり、頭痛などに長年悩んでいる人は、無呼吸症候群について学ぶことが、健康を取り戻す第一歩となるかも知れません。

 
フリーページ画像1

睡眠障害のひとつでもある睡眠時無呼吸症候群は誰もがなる可能性がある病気です。自分では気付くことが難しいと思われますが、早く治療しないと危険な目に遭うかもしれません。

続きを読む

睡眠時無呼吸症候群はあまり知られていませんが危険性を伴う病気です。睡眠時無呼吸症候群やいびきを改善させたいのであれば、歯科医院などに通って、治療を受けるべきでしょう。

続きを読む

無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まり、息苦しさで目覚めたりして必要な睡眠がとれないため、日中に強い眠気に襲われます。歯の噛み合わせが原因の可能性もあるので歯科医師に相談しましょう。

続きを読む

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は比較的有名な症状ですが、睡眠中のことなのでなかなか気づきません。ですから注意が必要です。噛み合わせが影響することもあるので肝に銘じておきましょう。

続きを読む

睡眠時無呼吸症候群(SAS)になってしまうと、いろいろと悪い影響が襲いかかってくるでしょう。歯ぎしりや食いしばりによってもSASが引き起こされる可能性があります。

続きを読む

生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群は一見関係ないようにも思えますが、少なからず影響しています。無呼吸症候群の改善が生活習慣病の改善に繋がる例は多数報告されています。

続きを読む

人間は本来であれば鼻から呼吸をしますが、口の方が大量の空気を吸えることから口呼吸が習慣化している人もいます。睡眠時無呼吸症候群の原因にもなりかねないため改善が必要です。

続きを読む

無呼吸症候群は自分では気づきにくいのがネックで、実は健康被害だけではなくて、美容面に関するデメリットもたくさんあります。肌状態を維持するためにも、無呼吸症候群を改善してください。

続きを読む

無呼吸症候群が夜間寝ている際の歯の状態と密接に関わりを持っていることは知られていません。無呼吸症候群は軽く考えてよい症状ではないので、早めに治療などを行うべきです。

続きを読む

無呼吸症候群は太った男性が発症するものというイメージが定着していますが、痩せていても、女性でも起こり得る病です。無呼吸症候群になりやすいタイプにはある傾向があります。

続きを読む

シーパップは無呼吸症候群を改善させるための器具ですが、保険が適用されても高額だったり、不快感によって睡眠が妨げられたり、鼻に弊害がある場合は効果がないなどのデメリットもあります。

続きを読む

廃用性萎縮とは廃用性症候群ひとつで筋肉が痩せ衰えてしまいます。廃用性症候群は未然に防ぐことができます。無呼吸症候群を招かないように、廃用性症候群にも気を付けましょう。

続きを読む

睡眠時は、起きているときよりも鼻から咽喉までの呼吸抵抗は高くなり、鼻呼吸がしづらくなります。無呼吸症候群を改善し、口呼吸から鼻呼吸ができるようにすることは非常に大切なことです。

続きを読む

体調不良や、ストレス、慢性病、生活習慣病は歯の噛み合わせ、顎や頭蓋骨のズレに原因があります。歯の噛み合わせや顎、頭蓋骨のズレを改善することによって、体の不調も改善されます。

続きを読む

マウスピースを使用したスリープスプリント療法とは、いびきを抑えたい、睡眠時無呼吸を改善したい時の療法ですが、効果が得られない場合もありますので、医師ときちんと話合う必要があります。

続きを読む
西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ