根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ院長紹介医院案内・アクセス お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

目指すは鼻呼吸です

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  目指すは鼻呼吸です

目指すは鼻呼吸です

唇(特に下唇)の厚い人が増えて来たように思います。話しても、笑っても、運動直後でもないのに口が少し開いているのは、普段から口呼吸している可能性大です。
いつも、乾いた空気が通るので唇(特に下唇)が乾燥し、刺激を受け、厚くなってきます。
健康に悪く、鼻の機能低下(鼻づまり・臭いがわかりづらい、そして脳にも悪影響)・・・そして、口元の表情が乏しく、せっかくの笑顔が台無しです。

学校検診に行っても、クラスの6~7割が口呼吸のように思います。
思い違いをしている方が多いですが、鼻が詰まるので口呼吸になるのではなく、口呼吸の習慣が鼻呼吸を萎縮させ、通り道を狭く詰まりやすくするのです。
軽度の口呼吸は、寝る時に口に縦にテープを張って寝る(専用のテープが薬局にあります。)と鼻呼吸に少しづつ変わりやすく、熟睡感も増します。

子供の歯列矯正の際にせっかくの機会なので、歯列を高くする事が大事で鼻呼吸につながります。
まさに、“歯並びより大切なものがあります。”です。

口には、鼻にあるフィルター効果がなく、鼻クソとしてカットできたはずの、汚れ・細菌が扁桃腺を腫らし、残りは肺まで流れ込み、血管に入り全身をめぐり、皮膚を荒し、肝臓・腎臓に負荷をかけ続けます。
例えば、腎臓を悪くした透析患者さんのほとんどが口呼吸です。
又冷たい・乾燥した空気を肺に送り続けます。又、歯周病の方のほとんどが口呼吸です。

口でも呼吸出来るからといって、本来は激しい運動をしたときだけに限られ、正常時には鼻呼吸するのが本来です。

それが、赤ちゃんの時のハイハイ不足や抱き方や運動不足などや姿勢の問題で、噛み合わせが低くなりマウスボリュームが小さくなり、舌や舌骨が後方に落ち込んだりして又噛み合わせの問題で下顎がまっすぐ前方位を取れなくなり気道が狭いためつい口に頼ってしまうようになるのです。言い換えるなら、息苦しいので鼻では追いつかないのです。丁度溺れる人が口で息するように。

つまり、鼻が詰まるので口呼吸になるのではなく、気道が狭いため口呼吸が常態化するため、鼻の空気の通り道が狭く、詰まりやすくなるのです。

ですから、鼻呼吸にするため、鼻の奥を器具で広げたり、口にテープを貼っても、気道が狭いままでは息苦しさは改善されません。舌を前に出す運動もある程度の効果はありますが限界があります。

問題は、いかに気道径を広くするかです。それには大きく分けて2通りです。
 

①気道径を広げるには、 ・上顎を前上方に引く ランパ矯正
・咬合を高くする 矯正でもある程度臼歯部の高さを高くすることは出来ますが、多くの矯正医が理解していない現状です。
  補綴で高くする。もしくは夜間ナイトデンチャーを入れて眠る。
②夜間、下顎がまっすぐ前方位に、つまり左右に曲がって出ないような噛み合わせを作る。 多くの人が曲がっているのが実情です。そして頭蓋骨ひいては全身を曲げているのです。これにもナイトデンチャーは効果大です。イビキ・歯ぎしりも解消します。

 

西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ