根本治療
京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ院長紹介医院案内・アクセス お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

自臭症について

西院駅の越久村歯科医院 予約はEPARK歯科へ
CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  自臭症について

自臭性(じしゅうしょう)について

口臭 中でも、いわゆる自臭性(じしゅうしょう)について

我々歯科医は、口臭の近くで仕事をしているし、患者さんから“口臭”についても時々質問を受ける。

口臭と“呼気の臭い”とは厳密には別物だし、体臭とも重なり合うこともある。

私は口呼吸でもなく、鼻も悪くないが女性の口臭と出会うことはほとんどない。ほとんどの口臭源は中年男性である。加齢臭と風呂に何日も入っていない事と下着を何日も替えていないのでは?

という人がまれにいる。しかしこういう人は口臭で悩んではいない。

問題は、我スタッフには全く気にならない臭いなのに本人は“臭いがする”と主張する。ほとんどが女性である。機械で測定して小さく問題にならない値でも“臭いがする”と主張する。

・・・いわゆる自臭症である。

これについては、ストレス・思い込み・精神病的な議論がなされてきた。

ある人に“こういう変な人がいるんだ。”というと、“私もアマルガムが入っていたとき、嫌な臭いがしてた。”と言うのです。・・・まったく他の人にわからなくても本人には(臭って)いるのかな? と思いました。それで、その患者さんの保険の金属を替えてみると“臭いがなくなった。”と言うのです。

金属があっていないと口臭の原因になることもあるんだと思いを新たにした次第です。

こういう、いわゆる“自臭症”のひとが、理解されなくて苦しんでいる例が結構いるのではないでしょうか? ・・・機械測定ででなくとも、本人には臭っているのです。

臭いは、なくても本人には“臭う”のです。

いままで、ずっと“気のせい”“神経症”“極度の潔癖性”・・・などと言われつずけてきた人に。

あなただけではないです。金属のアレルギー反応が原因だった人もいます。
その人は、金属を替えれば治りましたとお伝えしたくてこのサイトのページをつくりました。

口臭についての改善策

まず口呼吸を鼻呼吸にすることです。口呼吸では、口の中が乾燥しサラサラ唾液が減ることが口臭の原因の大きな部分を占めます。

つまり、口呼吸の数多い弊害の1つに口臭があります。

PAGE TOP

西院駅の越久村歯科医院 予約はEPARK歯科へ