根本治療
京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ 院長紹介 医院案内・アクセス お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

院長紹介

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  院長紹介

越久村 真一(おくむら しんいち)

越久村 真一

「歯が悪くなるのは虫歯や歯槽膿漏が原因で、丁寧に磨けば大丈夫。」なんて思っていませんか?
皆さんが、そう考えるのは無理ありません。そんな単純な問題じゃないように思います。

まず『歯にかかる強い力』なのです。それも食事以外の。

虫歯も歯周病も、『偏った方向の強い噛み締め』の犠牲者なのです。悪くなった歯に、ほとんど原因がないかもしれないのに、そこだけ見ての対症療法の繰り返しでいいのでしょうか?

30年くらい前、横浜の續(つづき)先生の論文を見て「かみ合わせ」に興味を持ち、いろんなセミナーを巡り、試行錯誤を繰り返し、少しわかってきたように思っています。

ストレス・かみしめ・咬み合わせ・顎のズレ・口呼吸・金属アレルギーなどの語句なしに語れるものではないように思います。

私は、かみ合わせセミナーの会長をしておりますが、色々なタイプの患者さんが存在し、どこまで踏み込んでいいのか苦悶の毎日です。

経歴

1971年
大阪府立北野高校卒(昭和46年度卒)
1979年
東京医科歯科大学 歯学部卒業
1979年4月~1982年8月
出光興産千葉製油所 歯科診療室勤務
1982年9月
越久村歯科医院 開業

 

 

歯科医師の皆さんにセミナーのご案内

  • 虫歯.PER.PERIOでもないのに、冷水痛・咬合痛が起きる。
  • いつも同じインレーが外れる。
  • 矯正の後戻りに悩んでいる。
  • 顎関節症症状のとり方がわからない。
  • そもそも、なぜOPEN BITEが存在するのか不思議に思う。
  • 姿勢や顎の位置のズレに対処できない。
  • なぜこんな所に磨り減りがあるのか、不思議に思う。

ような、ことはありませんか?

何故、隣接面の1方の面だけに虫歯ができることがあるのか?歯根の長さに差がないのに歯周病の進行に大きな差が出来るのか?何故オープンバイトが、ましになっていかないのか・・間に舌が入っているのか?何故ノンカリエスでポケットがないのに痛みがあるのか?何故治りの悪い根治があるのか?ある程度、経験を積んだ歯科医師なら、『力』の関与を感じていると思います。
そうです、案外大きな噛み締めが夜間(人によって昼間も)にあるのです。これは、良く磨くかどうか?より大きな問題です。この観点(力の分散)から診る歯科診療は、従来と大きく変わります。一緒に学んで行きましょう。ストマトロジー協会に、ご連絡下さい。

頭蓋骨矯正を取り入れカウンセリングのできる衛生士に体を破壊しないための補綴物とは療法基礎理論の会得
※画像をクリックして頂きますと、画像で大きくご覧頂けます。

新年度のセミナー生を募集しております。
詳細を知りたい方は、事務局ストマトロジー協会に電話くださいますようお願い申し上げます。

ストマトロジー(JSC療法)研究会会長:越久村 真一

アスリートの皆さんへ

たとえば、陸上競技の短距離選手の方は、シューズにこだわりますよね。
0.01秒で1位と2位が決まれば、その差は、すごく大きいはず。
0.01秒速く走れるシューズの価値は、大変大きなものになります。

もし

  • 顎がずれていたら、全身がずれます。
  • 体が嫌う金属が歯に入っていたら
  • 夜間熟睡を妨げる歯並びだったら

良いシューズよりも、大きな要因になりえるとは思いませんか?

PAGE TOP

西院駅の越久村歯科医院 予約はEPARK歯科へ