根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

コラム

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア»  無呼吸症候群の治療器具「シーパップ」のしくみとデメリット

無呼吸症候群の治療器具「シーパップ」のしくみとデメリット

無呼吸症候群の治療器具「シーパップ」のしくみとデメリット

「シーパップ」のしくみ



シーパップとは、無呼吸症候群の治療器具のことです。
持続陽圧呼吸療法とも呼ばれる鼻マスク型の器具です。
具体的には、鼻の穴に空気を送り込むためのマスクを取り付け、後頭部に固定する形で装着します。
コンプレッサーを使用し、空気を強制的に鼻から送り込むことで気道内の圧力を正常に戻し呼吸させるというものです。
無呼吸症候群は舌で気道を塞いでしまうために起こるものですから、強制的に気道が確保されれば改善も期待できます。
上手くいけば劇的な改善も見込めるでしょう。
しかし、はそれほど普及してはいません。
なぜならデメリットが多く、実際に導入しようと思えない人が多いのです。  

シーパップのデメリット


シーパップは鼻にゴムマスクをつけるため、違和感は避けられず不快感も伴います。
そんな器具を付けたまま眠るのですから、寝苦しさを感じる人も少なくありません。
機種によっては加湿機能がなく口内が乾燥してしまう場合もあります。
さらに、シーパップは病院からレンタルしている扱いのため、毎月通う必要が出てきます。
保険適用されても月5000円毎月支払わなければならず、手間と費用の面から挫折する人もいます。
その保険も、重症でなければ全額負担になり莫大な費用が掛かります。
加えて初めに検査入院をする必要があり、その入院費もかかります。
ちなみにシーパップは鼻の気道を確保する装置ですから、そもそも鼻に弊害のある人は使用できません。
このように、シーパップには様々なデメリットが存在します。
そこで、同じように無呼吸症候群を改善させる器具として注目されているアイテムがナイトデンチャーです。
マウスピース型の器具で不快感がなく、費用も一生シーパップのお世話になるよりも格段に安い特徴があります。
無呼吸症候群の改善だけでなく、歯にも良い影響がある点はナイトデンチャーならではのメリットです。
一度使ってみると、シーパップとの違いを感じていただけるはずです。
是非一度お試しください。
 

 

2016-09-28 08:23:36

 
西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ