根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

コラム

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア»  口呼吸の習慣化と無呼吸症候群の関係とは

口呼吸の習慣化と無呼吸症候群の関係とは

口呼吸の習慣化と無呼吸症候群の関係とは

口呼吸の恐ろしさ



人間の体は、本来であれば鼻から息を吸うようにできています。
生後まもない赤ちゃんは皆鼻呼吸なのです。
しかし、成長し、風邪をひくなどして鼻で息をするのが困難になったとき、口から息を吸った方がたくさんの空気を取り込めることに気づいてしまい、その後も口呼吸が習慣化してしまうのです。
口呼吸を習慣にして良いことは一つもありません。
鼻呼吸の時は鼻の粘膜やフィルターを通った空気が入ってくるため、ウイルスや細菌が少なく、ある程度の湿度が確保されています。
しかし口呼吸では乾燥した空気がそのまま喉に当たり、細菌も直接気管に入ってくるため風邪やアレルギーを起こしやすくなってしまいます。
さらに、口内が乾燥するため口臭の原因となったり、歯に汚れが付きやすくなったりします。
唾液が全体に行き渡らないことから前歯が虫歯になったり、ひどいときには歯周病の原因にもなり得るでしょう。
 

口呼吸と無呼吸症候群の関係性


口呼吸の習慣化は睡眠時無呼吸症候群をも引き起こしかねません。
睡眠時無呼吸症候群の原因は、舌が気道を塞いでしまうこと。
口呼吸が習慣化してしまうと舌が邪魔になるため鼻呼吸をしている人よりも舌の位置が後方に下がってしまいます。
その状態で寝てしまうと、只でさえ後ろにある舌に力が入らなくなり、舌が起動を塞いで睡眠時無呼吸症候群になりやすくなってしまうのです。
無呼吸症候群を改善するマウスピースは、舌が下がらないように下顎を上顎よりも前に出した状態で固定させるものであることからも、舌の位置は非常に大切といえるでしょう。
しかし、下顎を上顎よりも出した状態で固定したまま寝るのは、余程の慣れが必要です。
違和感がある上多少の痛みも我慢しなければならないため、続けるのが困難な人も多いことでしょう。
ナイトデンチャーは上下の歯をくっつけること無く自然と下顎を前に出すような働きをしてくれるため、口呼吸の人でも無理せずに無呼吸症候群を改善に導くことができるはずです。
日常的な口呼吸を改善させることも必要ですが、まずは重大な病気である睡眠時無呼吸症候群の改善から取りかかってみてはいかがでしょうか。
 

2016-09-12 09:02:23

 
西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ