根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

コラム

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア»  歯ぎしりや食いしばりも無呼吸症候群の引き金になる

歯ぎしりや食いしばりも無呼吸症候群の引き金になる

歯ぎしりや食いしばりも無呼吸症候群の引き金になる

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因になることとは?



SASが発症すると、場合によっては命の危険もあるかもしれません。
そうでなくても寝ても寝ても眠いという状況が続きますし、日常生活に良くない影響を及ぼし続けるでしょう。
そんな睡眠時無呼吸症候群(SAS)の引き金になるものとして、噛み合わせが知られていますが、他にも発症の原因となるものがあります。
まずは歯ぎしりが引き金になることもあるとされており、アメリカでの研究の結果、歯ぎしりの症状がある人は、そうではない人に比べて圧倒的に睡眠時無呼吸症候群(SAS)で悩んでいるようでした。
自分だけではなくて誰かと一緒に寝ていると「歯ぎしりしているよ」と指摘されることもありますが、その際には睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状が出ているかもしれないと考えるべきです。
その理由はSASの症状は歯ぎしりに比べて発見しづらいため、この両方の現象が起こっていたとしても、歯ぎしりについてのみ気付く可能性が高いからです。
歯ぎしりや睡眠時無呼吸症候群(SAS)はストレスが原因になっていると言われることもあるので、可能な限りストレスを発散する生活を送りたいです。
SASは危険な症状ですが、歯ぎしりも頭痛を引き起こしたりなど、良くない影響が多々訪れるので注意すべきでしょう。

 

歯ぎしりだけじゃなくて食いしばりも引き金に?


食いしばりは歯ぎしりと似ているように感じますが別物です。
歯であったり歯茎などに良くないですし、顎などにも気付かないうちにダメージを与えてしまっています。
顎にダメージが加わることで、顎関節症になる可能性もありますし、食いしばりによって歯が割れてしまったり、顔の肥大化や肩こりの症状も現れます。
食いしばりと聞くとそこまで大きな悪影響があるようには感じませんが、歯ぎしりと同様で意外と大きな悪影響を及ぼしてしまうでしょう。
また食いしばりが睡眠時無呼吸症候群(SAS)の引き金になってしまうかもしれません。
食いしばりや歯ぎしりの原因はストレスだと書きましたが、口の中に何らかの問題がある場合などにもそういった症状が発生してしまいます。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は非常に厄介な存在ですから、歯ぎしりや食いしばりが発生しないようにすることも重要だと思われます。
SASを治すためにも、まずはストレスを感じにくい生活を送るべきですし、また適度に発散をすることも大切です。
 

2016-09-12 08:52:54

 
西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ