根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

コラム

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア»  昼間の眠気は無呼吸症候群による不眠症を疑おう

昼間の眠気は無呼吸症候群による不眠症を疑おう

昼間の眠気は無呼吸症候群による不眠症を疑おう

無呼吸症候群の原因はいろいろ



無呼吸症候群は、夜間の睡眠中に呼吸が停止することによって、睡眠だけでなく全身の健康に影響が出てくる症状をまとめて言います。
不眠症の一つである無呼吸症候群は、検査の段階で1時間に10秒以上続く無呼吸状態が5回以上認められた場合が診断の目安です。
呼吸をしなくなることで、眠っている間に息苦しくなって突然に目覚めたり、大きないびきをかくなどで、必要な睡眠が十分にとれないため、日中に耐えがたい睡魔に襲われることが増えます。
一般に無呼吸症候群は、自発的な呼吸自体が停止してしまう中枢型と、呼吸が停止しても胸腹部の呼吸運動は持続している閉塞型の二つに分類されています。
患者の多くは中高年の男性で、人口の1%前後ほど存在するといわれ、女性は閉経後に多くなる傾向があります。
不眠症をはじめ、高血圧症、虚血性心疾患、肥満症、脳血管障害などの生活習慣病と関連して、各領域から注目を集める疾患とされています。
無呼吸症候群の治療法は、症状をもたらしている原因を究明して除去することから始まります。
食事療法による肥満の解消や、歯の噛み合わせの不具合、耳鼻咽喉科による外科手術療法までと、多岐にわたるのが特徴ですが、いびきだけでなく、睡眠中に異常なほど身体を動かすなど、心身の原因が複雑に関係し合っていることもあるようです。
 

QOLを重視した根治療法を検討しよう


日中に何らかの活動を行っているときに突然に眠気に襲われることが頻繁に起こるようであれば、無呼吸症候群を疑ってみてください。
閉塞型の無呼吸症候群の原因は、主に眠っているときに上気道がずれ、空気の通り道が塞がれて起こることが多く、重症になるとたびたび眠りから目覚めてしまうので、深い睡眠がとれなくなります。
CPAP(シーパップ)という治療法を行うと、無呼吸症候群が改善する人は多くいます。
これは、無呼吸症候群の原因になっている上気道が、息を吸うときに圧力が高くなって閉じてしまうという原因にアプローチした治療法で、睡眠中に鼻にかけたマスクを通して空気を入るようにして上気道を確保し、鼻呼吸を楽にするというものです。
CPAP治療は、夜に目覚めることがなくなり睡眠の質の改善に一定の効果がありますが、根治療法ではないため、毎日継続使用しなければ元の状態に戻ってしまうのがデメリットです。
また一生涯、毎晩鼻に大きなマスクを着けて眠ることを考えると、治療に結びついていると言えるのかどうかは疑問符がつくのではないでしょうか。
無呼吸症候群は、歯の噛み合わせやあごの不具合も主原因となっている可能性が高いものです。
昼間の眠気に悩んでいるときは、歯科医師に相談することも検討しましょう。
 

2016-09-08 11:20:45

 
西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ