根本治療
〒615-0067 京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ
院長紹介
医院案内・アクセス
院長コラム
お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

コラム

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • なるべく麻酔は打たない
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • ちいさな虫歯は経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  「気づくこと」から始めたい無呼吸症候群のケア»  無呼吸症候群やいびきを改善するには

無呼吸症候群やいびきを改善するには

無呼吸症候群やいびきを改善するには

睡眠時無呼吸症候群といびきの関係

無呼吸症候群と夜間の歯の状態
寝ている間に鼻が詰まったり、喉が詰まったりすることによって引き起こされる睡眠時無呼吸症候群は、脳に酸素がいきわたらないために、多くの悪影響を人間の体にもたらします。
しかし、睡眠時無呼吸症候群の弊害というのはこれだけではありません。
「いびき」とも密接に関係しているのです。
一見すると睡眠時無呼吸症候群といびきにはつながりがないと思うかもしれませんが、いびきと睡眠時無呼吸症候群の原理は似たようなもの。
そもそも睡眠時無呼吸症候群の原因は、筋肉が弛緩した舌が気道を塞いでしまい、睡眠中の人の呼吸を著しく邪魔していることです。
一方いびきは気道が狭まっているところに空気が出入りすることで起こる音ですから、睡眠時無呼吸症候群だけではなく、いびきに関しても一体的にとらえて、効果的に解決していくことが重要でしょう。
いびきをどうしても解消したいと思うのならば、基本的には市販の薬に頼るようなことではなく、専門的な治療をしてくれる歯科に通院し、根本から解決を図るのが良いでしょう。
また、最近は睡眠障害に関しての知識を有する歯科医院も増えてきましたので、そういったところで専門的な治療を受けることも効果的でしょう。
具体的な方法としては、睡眠時にマウスピースを使用する、というものがあります。
マウスピースを使用することによって、下顎を前に誘導し、舌が無条件にのどまで落ち込むことを防ぐことができます。
そして特殊なポンプを用いる方法やスリープスプリントを使う方法もありますが、装着感・異物感に問題があり、 ナイトデンチャーを活用するケースもあり、この方法は近年とても注目されています。
ナイトデンチャーを使うことで気道そして頭蓋骨、全身が捩れてしまうことも防ぎやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群の改善にも効果があり

夜間の歯の状態を改善して無呼吸症候群の改善を図る
このような対処法は、無呼吸症候群の結果として現れるいびきだけに限らず、睡眠時無呼吸症候群全般について有効な手段だと考えられます。
気道を確保し、睡眠の質を高めることによって、日常生活のバイタリティにも大きく影響します。
日常生活をより良いものにできるため、少しでも自分のいびきなどに関心を持っている人は相談した方が良いでしょう。
治療を受けた人の中には、これまでと違い睡眠の質が一気に向上した、という感想を持つ人もいます。
一生のうち3分の1は布団の中で過ごすわけですから、その点で非常に重要な視点だとわかるのではないでしょうか。
たかがいびき、と思わずにしっかりと診察を受けてください。

2016-08-05 12:37:57

 
西院駅の越久村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ